【美白】メラニンを減らすサプリランキング〜紫外線・シミ対策〜

メラニンを撃退するサプリとは?

紫外線対策が手薄だと、肌が刺激されメラニン生成の原因に繋がります。メラニンは、きちんと対処しないと、シミ・シワなどを目立ち、増やすことになるため、

 

  • 美白肌になりたい
  • シミ、シワを増やしたくない
  • 紫外線をブロックしたい

 

などの場合は、メラニンを作らせない対策が必要です。

 

紫外線防止・メラニンを減らす有用成分として

 

  • エラグ酸(ポリフェノール)
  • L-シスチン
  • ニュートロックスサン
  • ファーンブロック

 

などを体内に取り込むと体の内側から紫外線をブロックし、メラニンを作らせないように働きかけます。

 

また、L-シスチンは既にできてしまったメラニンを減らしシミを消す作用があります。当サイトは、これら有用成分を配合したメラニンサプリを厳選しランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

メラニンサプリランキング

エルシーノの特徴

エルシーノは、体の内側から白く透き通る肌へ導くメラニン撃退サプリメントになります。メラニンを作らせないエラグ酸を中心に、メラニンを減らすL-シスチン・紫外線の肌へのダメージを軽減するハス胚芽エキスを配合しています。1日たった2粒から手軽な紫外線対策が可能。当サイトより30日分が送料代(648円)のみの実質無料購入できます。

価格 0円
評価 評価5
備考 エラグ酸・L-シスチン・ハス胚芽エキス

 

インナーパラソル16200の特徴

インナーパラソル16200は、紫外線を防ぐニュートロックスサン配合の日傘サプリメントになります。「飲む日焼け止め」として人気の成分、ニュートロックスサンをはじめ、パインセラ・コプリーノ・ビタミンC・ビタミンPなど抗酸化成分を豊富に含みます。また、最大の魅力はなんといってもその配合量。1日あたり540mgもの有用成分を補給できます。当サイトより30日分990円購入できます。

価格 990円
評価 評価4.5
備考 ニュートロックスサン・パインセラ・コプリーノ・ビタミンC・ビタミンP

 

ヘリオケアの特徴

ヘリオケアは、海外でメジャーな飲むタイプの紫外線対策サプリメントになります。特許成分のファーンブロックを中心に、L-シスチン・エラグ酸・ビタミンC・ビタミンB3などを配合しています。ヘリオケアは、皮膚科・美容外科などのクリニックでも取り扱いの多く実績のあるサプリメント。日本人仕様の販売が開始されています。

価格 7815円
評価 評価4
備考 L-シスチン・ファーンブロック・エラグ酸・ビタミンC・ビタミンB3

 

メラニンとは?どんな働きをするの?

 

 

メラニンという言葉はおそらく聞いたことがある人が多いでしょう。しかし、どのような働きをするのか知らないという人も多いと思うので、簡単に解説していきます。

 

メラニンとは何か

 

メラニンというのは、メラニン色素と呼ばれていることが多いのですが、人間の肌の色もメラニン色素によって決まってきます。メラニンはとても大切なもので、紫外線から人間の肌を守ってくれる効果があるのです。

 

しかし、メラニンはシミの原因にもなってしまうので、あまりよいイメージを持っていない人も多いでしょう。ただメラニンは防御物質でもあるので、なくてはならないものだと言えるでしょう。

 

活性酸素から細胞を守る働きがある

 

メラニンの働きは、活性酸素から肌の細胞を守るという重要な働きがあります。活性酸素というのは、体を劣化させる原因の1つです。

 

特に皮膚のトラブルから守ってくれる働きがあるので、とても重要であることがわかるでしょう。本来有害な物質である紫外線を多少浴びても平気なのは、メラニンがあるからだと言えます。

 

メラニンがあるから日焼けをしても平気

 

夏の強い太陽の光を浴びると、当然日焼けをしてしまいます。しかし、多少であれば日焼けをしたからと言って、肌に悪影響が出るわけではありません。

 

なぜならメラニンがあるからです。メラニンのおかけで真皮まで紫外線が届かなくなるのですが、過剰な日焼けは当然肌を傷めてしまう原因になるので注意しましょう。

 

シミの原因に!メラニンが増える理由は?

 

 

メラニンと聞くと、多くの人はシミの原因と認識しているでしょうが、もちろんシミの現認にもなるのです。シミを増やさないためには、メラニンが増える理由を知って予防する必要があります。

 

シミが増えるメカニズム

 

シミの原因はメラニンが過剰に作り出されることなのですが、なぜか状に作り出されてしまうのでしょうか。肌に紫外線が当たると、色素細胞がメラニンをどんどん作り出します。

 

通常は垢となって排出されるのですが、過剰にメラニンが作られてしまうと、排出できずに肌に残ってしまうのです。これがシミとして肌に現れるというわけです。

 

ターンオーバーの乱れも原因の1つ

 

古くなった肌の角質などは、どんどん垢として剥がれ落ち、再び新しい皮膚に生まれ変わるのですが、これをターンオーバーと言います。しかし、ターンオーバーは加齢やストレス、不規則な生活などによってどんどん衰えてくるのです。

 

そうすると今まではシミにならない程度の紫外線であっても、現在ではシミになってしまうということがよくあります。よってターンオーバーの乱れを改善することも、シミの予防になるのです。

 

シミの種類も多い

 

シミとは言ってもいろいろな種類が存在しています。加齢が原因でうっすらとできる薄いシミを老人性色素斑と言います。左右対称に出る淡い色のシミを肝斑と呼んでいます。

 

他にも小さな斑点上のシミが多数まとまって出るそばかすと呼ばれている種類や、少し盛り上がった感じで、色が黒くなる脂漏性角化症というシミもあるのです。

 

メラニンを減らすには?

 

 

シミができないようにする対策としては、やはりメラニンを減らす方法が有効的です。では、どのようにすればメラニンを減らすことができるのでしょうか。

 

紫外線対策を行う

 

最もよい対策は、強い紫外線に当たらないようにすることです。しかし、1年中家の中にいるわけにはいきませんので、多少は紫外線に当たらなければいけなくなるでしょう。

 

そこで有効的な紫外線対策としては、日焼け止めを使用する方法があります。自分の肌に合った日焼け止めを購入して使用することで、紫外線に当たっても日焼けを防げるため、結果紫外線対策になるのです。

 

ターンオーバーを促す

 

メラニンというのは、通常ターンオーバーで体外に排出されるのが一般的です。しかし、加齢やストレス、生活習慣の悪化などでターンオーバーが衰えてしまうと、どうしてもシミができてしまいます。

 

そんなときにはターンオーバーを促す方法が効果的です。特に栄養バランスの取れた食事と良質な睡眠、肌のスキンケアは必ず行うべきでしょう。ビタミンCはターンオーバーを促す効果が高いと言われています。

 

肌への刺激を避ける

 

メラニンは肌の摩擦によっても作られてしまいます。そのため、摩擦をできる限り避けることも、重要な対策だと言えるでしょう。

 

特に日焼けをした肌に刺激を与えてしまうと、よりシミになりやすくなるので、海水浴やプールに行った後には必ずスキンケアを行う必要があります。また、摩擦を起こしやすい服なども避けるべきでしょう。

 

メラニンを減らすサプリ成分は?

 

 

普段の食事やサプリメントで、メラニンを減らせる成分はないのかというと、いくつか存在しています。メラニンを減らしたい場合には、参考にしてみてください。

 

ビタミンを摂取するとよい

 

メラニンを減らせる成分の代表格と言ってもよいのがビタミンです。ビタミンの中でも、ビタミンCは効果が高いと言われています。ただし、ビタミンCは体内で生成することができません。

 

よって普段からしっかりと摂取しておくことが大切になります。ビタミンC以外にも、ビタミンAやビタミンEがメラニンを減らす効果があると言われているので、積極的に摂取しておきましょう。

 

トマトに含まれているリコピン

 

トマトに含まれていることで知られているリコピンもメラニンを減らす効果がある成分の1つと言われています。リコピンだけではなく、ビタミンCやビタミンEも、少量ですがトマトに含まれているのです。

 

特に暑い時期、食欲がないというときであっても、トマトであればみずみずしいので食べやすいと言えるでしょう。過剰摂取はいけませんが、ある程度短い頻度で食べておくべきです。

 

サプリメントによく使用されているLシステイン

 

メラニンを減らす効果がある成分の中に、サプリメントによく使用されているLシステインという成分があります。おそらくサプリメントを使ったことがある人や、興味のある人は知っているでしょう。

 

このLシステインにもメラニンを減らす効果があります。他にも倦怠感の改善や二日酔いにも効果があると言われているので、とても優れている成分だと言えるでしょう。

 

シミを作らないメラニン対策の食事、食べ物は?

 

 

シミを作りにくくするため、メラニン対策ができる食べ物はいろいろとあります。そのため、1つの食品を集中的に摂取するのではなく、食べ分けることが重要です。

 

おすすめできる野菜

 

やはり健康のためには野菜を中心とした食事がよいでしょう。そこでメラニン対策になる野菜をいくつか紹介します。ニンジンやモロヘイヤ、ホウレンソウはビタミンAが多くなっています。

 

ちなみにモロヘイヤはビタミンCやビタミンEも多いので、同じくビタミンCが多い赤ピーマンや、ビタミンEが多いかぼちゃなどと交互に食べるとよいでしょう。

 

野菜以外の食べ物も重要

 

いくら野菜を中心に食べると言っても、野菜以外も摂取しなければ栄養バランスが乱れてしまいます。そこで野菜以外の食べ物でメラニン対策となる食品を見ていきましょう。

 

それはウナギやレバー、煮干しなどがおすすめできます。ウナギにはビタミンEも含まれていますし、滋養強壮効果もあります。レバーは肝臓によく、煮干しはカルシウムやDHAも豊富なので、しっかりと食べておきましょう。

 

コラーゲンを含む食品も効果的

 

シミを作らないメラニン対策としては、ビタミンやリコピンが効果的と言われています。他にもコラーゲンが効果的なので、コラーゲンの多い食品を摂取するのもよいでしょう。

 

ただし、コラーゲンを含む食品は、カロリーや脂肪分も多くなっているので、食べ過ぎには注意しないといけません。野菜と一緒にバランスよく食べましょう。